難聴には伝音性難聴といって音が伝わりにくくなってしまう難聴、感音性難聴といって神経系に障害のある難聴、混合性難聴といって両方を合わせもっている難聴があります。 伝音性難聴は大きな音を長時間にわたって聞き続けたり、ヘッドフォンで大音量で音楽をきいているとなることが多いです。 音を大きくすることで聞こえるようになるため、補聴器などを使用すれば生活にあまり支障はありません。 中耳炎による難聴は、この伝音性難聴に分類されています。 機能障害のため、手術や治療によって回復する可能性もあるでしょう。 感音性難聴の場合には高音が聞こえにくく、複数の音の中から特定の音を聞き分けることが難しくなるため、大勢での会話や人ごみの中での会話がしづらくなってしまいます。 補聴器を使っても補うことが難しく、回復が困難な難聴です。 また、加齢によって聴力が衰えてしまう老人性難聴も、感音性難聴に分類されることがあるようですが、実際には伝音性難聴も混ざった混合性難聴であることが多いでしょう。